残念ながら断念しました

先週の木曜日から一念発起して始めた

夕飯の前にお風呂作戦ですが

わけあって、やめることと相成りました・・・

お風呂を嫌がる悲痛な叫び(姿は映っていません。音声だけです)

最初っから最後までずっと辛そうに泣いていました。

もう、保育園にAnが迎えに行った時点で自分から聞いてくるそうです。

「今日も帰ったら先にお風呂に入るの~(いやや)」と。

そして、玄関を開けた時点からもうぐずり度マックスです。

無理やりお風呂に誘い、なんとか入れたものの、ずっと泣いていました。
その声が、あまりに悲痛で、とんでもないことをしているような気持ちになりました。

あんなに泣いて嫌がる様子を、3歳6カ月の間にほとんど見たことがないからです。

お風呂からあがってきたからといって、そのぐずり度は下がりません。
ずっと、ぐずるぐずる、これでもかってほど、ぐずり、大好物のご飯さえ、食べたいけど、気持ちがついて行かないって感じでぐずります。

眠たくないけれど
「ねむたいぃぃ」とぐずり
それじゃソファに横になり?と寝かすと

えぇ!?
そのうつろな目は何!?
どっか重大な病!!!???っていうほど、普段のゆいなと別人のようです。

「しんどいの?」

「だいじょうぶ?」

とAnが心配してそばにいるも、イヤイヤ度は下がることを知りません。

もう食べないのか、と思いきや、自らテーブルにつきまた食べ始めたかと思ったら、また泣き出します。

これは相当だな。ヤバいな。と気づいたので

「そっか、先にお風呂に入るのが嫌なんやなぁ?」
「じゃ、もう明日からは先にご飯食べよな!」

というと、泣きながらうなずきます。

そこから、食事を再開してくれ、最後まで全部食べてくれました。
もう普段のニコニコゆいなです。
眠くなんてなかったんです。
食べたくないわけでもなかったんです。
ただただ、先にお風呂に入るのが嫌だったみたいです。

結局、大人の考えた作戦はこどもの心に響かなかったどころか、暗い影を落としたのでした。
3歳児

まだ前頭前野が未熟なのでしょう。
嫌な事を我慢できる脳が発達していないのでしょう。

なので、夕飯前にお風呂作戦はあえなく中止となりました。
でも、なぜ先にお風呂に入ることになったのか、ということは説明し、今日からはまたご飯を先に食べるけれど、後で入るお風呂を嫌がらないこと
そして、寝る時間になったらダラダラと理由をつけて起きていずに、3Fに行くことを約束してもらいました。

子育て
本当にタイヘンです。

タイヘンなんて4文字で片付けられるほど生易しいものじゃないです。

もう、むり。

2

family

Posted by どらみ