DHCのサプリメントを続けることにした話

Health

甲状腺ホルモンが多く分泌される病気のために、心臓のドキドキ、心拍数の上昇が普通にしているとなかなか抑えられません。

前にも書いたことがありますが、薬が極度に嫌いなため、一切飲んでいません。

2009年3月に 初めて自分の苦しかった症状が バセドウ病によるものだと知って驚きましたが
しかもかなりの重症で、その後、メルカゾールという、甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬を飲み続け、一度、寛解に至り、薬をやめました。
でも、この薬を断つというのは、2週間ほどしんどく苦しい日々を送ることを意味していました。

長きにわたり、薬に頼って、甲状腺ホルモンの分泌をコントロールしていたので、薬をやめた後、体が正常量のホルモンを分泌できるようになるまで、時間がかかるからだと思います。

寛解はしても、無理な生活を続けていると、結局再発します。

この病気は、病は気から の王道を行っているような気がします。

自覚していてもしていなくても、病は気からです。

私は大いに自覚しています。

今まで通りの生活をしながらメルカゾールを飲むと、間違いなく体重が増えます。

思えば私が人生最重(←体重が一番重いってことね)になったのも、メルカゾールを飲み続けていた時でした。

ダイエットをしても、思うように体重が減らなかったのに、メルカゾールを止めたら、とたんに減少に転じました。

当時の記事

世の中には、このメルカゾールを飲んで、それでなんとかそれらしい生活を送れている人が、日本中いえ、世界中にいっぱいいるんだと思います。

私もそれさえ飲めば、今よりおそらく体が楽に動かせるのだと思います。
横になると左向きに寝れなかったり、そもそも心臓が苦しくて、体を横にすることもできない、なんてことは絶対になくなります。

今年の6月頃は、毎日毎晩、死ぬんじゃないかと思うほど苦しい日々がありました。それでも薬を飲まずにやり過ごしました。
世界中さがしても、こんなバカな人、いないと思う(´・д・`)

6月の終わりごろからは、やや落ち着き始めて、寝ている間に死ぬんじゃないか、と思う日は減っていきました。

その頃飲み始めたのが、DHCの ゆったり

DHC ゆったり

とにかく苦しくて、ただでさえ悪い寝付きが、さらに苦しくなっていたのもあって、ダメもとで飲み始めてみました。
そうしたら、6月には最大「103」もあった安静時心拍数が、徐々に徐々に下がり始め、10月2日には「82」にまで落ちてきていました。
睡眠導入剤というわけでもないので、そんなにストンと眠りに落ちるわけではありませんが(正直いくらでも起きていられますが)

不思議と体も動きやすく感じ、放置状態だったFC2のブログを再開したのも、その頃でした。
それまでに比べ、体が動かせるようになって、気持ちが上向いてきたのかもしれません。

で、落ち着いてくると、サプリメントにすら頼りたくない私。

10月4日の服用で、ゆったりの在庫がなくなったので、そのまま過ごしてみることにしました。

そうして体験したのが、一睡もできないという夜。

おまけに、寝ていても心臓が苦しくて熟睡できていないのがわかります。
それよりなにより、Fitbitで測定し続けている安静時心拍数が、じわじわ、じわじわ上昇を続けます。

目覚めても、しんどい。
動けない。
掃除もできない。
洗濯を干すのもつらい。

だいたい、朝の超がつく不調も、午後、夕方になるにつれマシになってくるのですが、寝つきまで悪くなってきていました。

その頃から、寝る前にはスマホを寝室に持ち込まないようにして、できるだけ快眠環境を整えていたつもりでしたが(なんとか習慣づいて続いていますが)
え?もしかして サプリメント が合ってたの? と自分でも驚きでした。

なので、またしばらく続けてみようって話でした。

 

阪神タイガースVS横浜DeNA の初戦
さーて、どちらに軍配があがりますかね。
初戦を取った方が、9割以上勝ちあがるんですって。
がんばれ阪神!

0

Posted by どらみ