私の体はこの先どこへ向かうのだろう

甲状腺機能亢進症

あまりの急激な変化について行けず、澄ました顔をしていますが、実際のところはかなり不安におののいています。

どうしたのかって?

いえ、ね。

昨日の記事にも書きましたが、やっぱり木曜日の午後から異様なしんどさが続いています。

もしかしたら、風邪?インフルエンザB型?

2年前の冬に、ちょっと変?と思って確認のために行ったかかりつけ医で

予想外にも「インフルエンザB型です」と診断されて驚いたことがあります。

熱がある、と言っても、平熱がもともと37℃近い私からすれば、ほんの微熱程度の37℃前半が2日ほど続いただけでした。

あの時も、今から思えば「なんとうまくやり過ごしているな」と思います。

なぜなら、その年の1/6-1/12は娘が鼻の手術で入院して、その時は、私がパールとゆいなのお世話をしました。

そして、それが終わると、2/5~2/9までインフルエンザで私が動けなくなります。

でも、その時には娘が復活していてゆいなやパールの生活に問題が発生せず

私が回復すると、今度は2/12にパールが病に伏します。

もしも、手術とインフルエンザとパールの病気が重なっていたら、大変でした。

すべては30日ほどの間の出来事なのに、重ならなかったのが不思議なほど重なりませんでした。

もうひとつ付け加えるなら、パールがお空に旅立った3/19は、4月から復職予定の娘が育児休暇中でまだ家にいた時だったのが大きかったです。

生活が回せるように、上手い計らいがされている気がしてなりませんでした。

最近は、ゆいなが風邪のような咳をすることもあるので、それがうつったのでしょうか?

とにかく、昨日今日は喉が痛いし、ホントに時々だけど咳も出ます。

それより、なにより、心臓が苦しくって動きも睡眠も制限されます。

Screenshot_20180318

YURIAさんに会った翌日の3/13(火)には78bpmにまで下がって喜んでいた安静時心拍数が、その後、一日に2bpmの勢いで上昇を続け

とうとう今日は87bpmに到達してしまいました。

このまま上昇を続けて、また苦しくて夜も眠れないような日々が続くのでしょうか。

そういえば、去年も3月の後半から急上昇したんでした。

動きが制限されようが、睡眠が制限されようが、生きるためにやらなくてはならないことは何一つ変わりません。

きちんと生活するとは、実に大変なことです。

3

Posted by どらみ