パールの闘病記は壮絶すぎる

パール

2011年7月もうすぐ6歳のパール
かなり好きな写真
パール

2016年3月
あの頃、パールの命の炎がいつ消えるのか誰にもわからない状態で

ただ懸命に一日を過ごしていた日々を振り返ると

壮絶だったなと改めて思います。

自分の体のことなんてどうでもよかった。

朝になったら仕方なく働きに出かけ、ハードな仕事をこなし、パールのいる家にすっ飛んで帰ってきて

夜も小さな明かりはつけたまま、ソファに仮眠しながらつきっきりで見守って

息を引き取る3日前ぐらいからかなり危険な状態だったんだな、と今読むとよくわかります。

なのに、炎が消える1時間前までちゃんと自力でお水を飲んでくれたパール

何度も何度も危機を脱してくれたように見えたパール

すーすーと動いていたお腹のふくらみが止まり

それでもまだ動いていた心臓が数十秒遅れて止まり

そうしてパールは病気の痛みや苦しみから解放されました。

36日間私に看病させてくれました。

あの時もらったコメントの数々は何度読んでも胸が熱くなります。

コーギーだけで繋がることのできた素晴らしい方々と出会えたこと

いつまでも忘れません

あの時は本当にありがとうございました。

お世話になりました。

1

Posted by どらみ